服の査定額

服の査定額が安い?諦めなくても大丈夫!【高く売る方法!】

 

服を売る際、査定額が低かった場合は、どうすればいいのでしょうか。

 

ブランド服の査定でも、こんなに安いことがあるの?

 

 

リサイクルショップや宅配買い取り業者に服を売ろうと考え、査定に出すと、予想していたよりもはるかに安い金額を提示されることがあります。

 

ブランド服だったとしても、古くて時代にマッチしていないものであれば、かなり安い査定額しかつきません。何万円もした服の査定額が100円だった、などということも珍しくありません。

 

また、服に傷があったり、変色している部分があったりすると、ブランド服としては見てもらえず、kgあたりいくらという形でしか引き取ってもらえないこともあります。

 

売りたい服の査定額が低かった場合、どうすればいいの?

 

売りたい服の査定金額が低かった場合でも、多くの人はその査定額で売るケースが多いようです。ある人は、捨てることに比べれば、安くてもお金をもらえるだけマシだと考えるようです。また、ある人は、一応査定の専門家が見て出した結果がこれなので、今回服を査定に出した労力をもう一度かけても、査定金額が上がることはないだろうと考えるようです。

 

リサイクルショップや宅配買い取り業者は、ある程度査定に慣れた人だと思いますが、常に経験豊富な買い取りのプロが間違いのない査定を行っているかどうかは疑問があります。ブランド服の買い取り査定を主な宅配買い取り業者に出して比較しているサイトなどを見ても、買取査定額は大きくばらついています。しかも、一定の宅配買い取り業者が常に高い査定額を出すわけではなく、査定する物によって高かったり低かったり、様々です。従って、1つの店舗や業者に査定を出して、査定額が低かったとしても、諦めずに他の業者にも出してみるべきです。

 

口コミサイトなどによれば、ブランディア、リ・ファウンデーション、マルカなどの買取業者の査定額が比較的高いようです。

今話題の高額買取サービス人気TOP3











このページの先頭へ戻る